住宅性能にこだわる家づくり 03|新築の注文住宅を自由な間取りで建ててみませんか?岐阜市で家づくりならnovocozy(登昭建設)!

novo cozy

Presented By 株式会社登昭建設

050-5327-8737 資料請求・お問い合わせ インスタグラムアイコン

blog

住宅性能にこだわる家づくり 03

2019年2月25日

住宅性能にこだわる家づくり 03

 

岐阜県岐阜市を中心に、厳選した自然素材を使い、一年中快適で、体にも心にも優しい家を建てているnovo cozy(登昭建設)です。

読者のみなさま、こんにちは。広報担当のAです。

このブログでは、毎回テーマ別に、新築住宅や注文住宅について、novo cozy(登昭建設)がみなさまにさまざまな提案をさせていただきます。

 

novo cozy(登昭建設)がローコストでありながら高い住宅性能を持つ家を作ることができることの一例として、前回は内壁の素材についてのこだわりを説明させていただきましたが、novo cozy(登昭建設)のこだわりはまだまだあります。

たとえば、床材です。novo cozy(登昭建設)では、床に用いる材料を、場所によって使い分けることを提案させていただいております。

一階のリビングの床には、無垢材です。表面を丁寧にこすり、年輪を浮き上がらせた「うづくり加工」という加工を施した無垢材は、適度な凹凸があり、滑りにくく、無垢材ならではの風合いが際立って癒しと安心感を得られます。

対して二階には、タイルカーペットがいいでしょう。二階に硬いフローリングを用いると、どうしても生活音が響きやすくなります。その点、防音性に優れたタイルカーペットなら、音が響いて一階にいる者に不快な思いをさせることもありません。またタイルカーペットは汚れたり破損したりした箇所だけを剥がし、洗ったり取り替えたりすることが簡単にできますので、維持管理も楽になります。

水回りの床にはクッションフロアを提案します。クッションフロアは水に強く、弾力性もあるため、お風呂上がりの濡れた裸足でも気にせず歩くことができます。手入れも簡単で、水汚れなら濡れたぞうきんで拭くだけ、油汚れなら中性洗剤を含ませたぞうきんで拭き、そのあと水で濡らしたぞうきんで拭き取るだけで済みます。

土間の床材には美濃焼のタイルをおすすめします。岐阜県美濃地方が誇る美濃焼は耐久性に優れ、独特の意匠を作り出すことができ、家の顔である玄関周りに高い格調を与えてくれるでしょう。

 

快適で安全な、家族がゆったりとリラックスして楽しめる家を、なるべくローコストで建てたいとお考えのかたは、ぜひ一度、novo cozy(登昭建設)にご相談ください。みなさまひとりひとりのご希望に沿った、住むひとの心身の健康を一番に考える家作りをnovo cozy(登昭建設)がご提案させていただきます。

資料請求&お問い合わせはこちらから

050-5327-8737 メールでのお問い合わせ