家賃並みの支払で新築注文住宅を!03|新築の注文住宅を自由な間取りで建ててみませんか?岐阜市で家づくりならnovocozy(登昭建設)!

novo cozy

Presented By 株式会社登昭建設

050-5327-8737 資料請求・お問い合わせ インスタグラムアイコン

blog

家賃並みの支払で新築注文住宅を!03

2019年4月2日

家賃並みの支払で新築注文住宅を!03

 

岐阜県岐阜市を中心に、厳選した自然素材を使い、一年中快適で、体にも心にも優しい家を建てているnovo cozy(登昭建設)です。

読者のみなさま、こんにちは。広報担当のAです。

このブログでは、毎回テーマ別に、新築住宅や注文住宅について、novo cozy(登昭建設)がみなさまにさまざまな提案をさせていただきます。

 

現在、新築の注文住宅を建てるには、通常およそ3000万円以上の費用がかかるとされています。

しかし、novo cozy(登昭建設)では、1000万円台でも十分にご満足いただける住宅を提案させていただいております。

 

前回の記事では、ガルバリウム外装の「type G」と漆喰外装の「type S」のふたつのシリーズを紹介し、それぞれのシリーズで、1,540万円から2,030万円という費用になり、月々のお支払いに換算すると40,000円から51,600円までと、かなりの低価格で新築の注文住宅を手に入れることができることをご提案いたしました。

この金額の中には、もちろん、家作りに共通して必要なものはすべて含まれています。

建物工事費、水回り設備、オール電化工事費、照明器具及び火災報知器、カメラ付きドアフォン、実施設計及び各確認申請書、地盤調査及び構造計算費用、温熱デザイン設計及び計算書費用、長期優良住宅認定費用及びBELS等です。

ただし、擁壁・埋め立て・鋤取りなどの造成費用、地盤補強工事費用、上下水道引き込み費用及び市納金、カーポート・ガーデン・フェンスなどの外構エクステリア工事、不動産取得税や登記費用、火災地震保険費用、カーテン家具家電購入費用、引っ越し費用等の、土地によるものやお客さまのご都合によるものは含まれておりません。

しかし、どこまでの費用が建築費用に含まれるかはケースバイケースであり、その都度確認させていただくべき事項です。ですので、まずはお気軽にご相談いただき、気になることはすべてお伝えいただければと存じます。

novo cozy(登昭建設)は、お客さまのご要望に沿った形での家作りを常に提案させていただくよう心がけています。

 

快適で安全な、家族がゆったりとリラックスして楽しめる家を、なるべくローコストで建てたいとお考えのかたは、ぜひ一度、novo cozy(登昭建設)にご相談ください。みなさまひとりひとりのご希望に沿った、住むひとの心身の健康を一番に考える家作りをnovo cozy(登昭建設)がご提案させていただきます。

資料請求&お問い合わせはこちらから

050-5327-8737 メールでのお問い合わせ