家賃並みの支払で新築注文住宅を04|新築の注文住宅を自由な間取りで建ててみませんか?岐阜市で家づくりならnovocozy(登昭建設)!

novo cozy

Presented By 株式会社登昭建設

050-5327-8737 資料請求・お問い合わせ インスタグラムアイコン

blog

家賃並みの支払で新築注文住宅を04

2019年4月8日

家賃並みの支払で新築注文住宅を!04

 

岐阜県岐阜市を中心に、厳選した自然素材を使い、一年中快適で、体にも心にも優しい家を建てているnovo cozy(登昭建設)です。

読者のみなさま、こんにちは。広報担当のAです。

このブログでは、毎回テーマ別に、新築住宅や注文住宅について、novo cozy(登昭建設)がみなさまにさまざまな提案をさせていただきます。

 

現在、新築の注文住宅を建てるには、通常およそ3000万円以上の費用がかかるとされています。

しかし、novo cozy(登昭建設)では、1000万円台でも十分にご満足いただける住宅を提案させていただいております。

 

たとえば、まだ若く、予算は少ないけれども早く家を持ちたいと思われるかた、また、趣味や子どもの教育など、家のこと以外のことにお金をかけたい、または住宅ローンの金額を抑えて早く完済してしまいたい、など、なるべくローコストで家を建てたいと希望されるには、さまざまな理由があることと存じます。

それまでも、そういったご要望にお応えする、低価格での家屋の建築を謳う業者はありました。しかしそれらの多くは、価格のために質の悪い素材を使ったり、無理な施行やいい加減な工事をして、家屋の安全性や耐久性を犠牲にするものや、また、安易なデザインや設計をして、そこに住むひとの快適な居住性や満足度を低下させるようなものが多いのも、残念ながら事実でした。

novo cozy(登昭建設)は、そうした、ローコストの住宅は品質も低いという常識を覆したいと考えています。屋根や外壁、柱や床などの建築資材には徹底的にこだわり、シックハウス症候群や転倒などの事故といった、家が原因で起こる病気や怪我を極力排除し、健康で快適に過ごせる家作り、そして可能な限り無駄をなくし、金銭的にゆとりのある、無理のない家作りを目指してできたのがnovo cozyというコンセプトです。その結果、高い住宅性能を維持したまま、ローコストで建てられる「tyoe G」「type S」のふたつのシリーズが完成しました。ローコストでも質の高い住宅を望まれるお客さまは、ぜひお気軽にnovo cozy(登昭建設)までご連絡を。

 

快適で安全な、家族がゆったりとリラックスして楽しめる家を、なるべくローコストで建てたいとお考えのかたは、ぜひ一度、novo cozy(登昭建設)にご相談ください。みなさまひとりひとりのご希望に沿った、住むひとの心身の健康を一番に考える家作りをnovo cozy(登昭建設)がご提案させていただきます。

資料請求&お問い合わせはこちらから

050-5327-8737 メールでのお問い合わせ