novo cozyの家づくり 03|新築の注文住宅を自由な間取りで建ててみませんか?岐阜市で家づくりならnovocozy(登昭建設)!

novo cozy

Presented By 株式会社登昭建設

050-5327-8737 資料請求・お問い合わせ インスタグラムアイコン

blog

novo cozyの家づくり 03

2019年5月13日

novo cozyの家づくり 03

 

岐阜県岐阜市を中心に、厳選した自然素材を使い、一年中快適で、体にも心にも優しい家を建てているnovo cozy(登昭建設)です。

読者のみなさま、こんにちは。広報担当のAです。

このブログでは、毎回テーマ別に、新築住宅や注文住宅について、novo cozy(登昭建設)がみなさまにさまざまな提案をさせていただきます。

 

novo cozy(登昭建設)では、長期優良住宅認定の他にも、「BELS(ベルス)」という認定を受けています。

BELSとは、「Buiding-Housing-Energy-efficiency Labeling System」の略で、日本語では建築物省エネルギー性能表示制度と呼びます。これは、住宅の省エネ性能を第三者評価機関が評価し認定する制度で、いうなれば、建築物の「燃費」を計算し査定するものです。

BELSでは、同じ計算法に則って対象の住宅の一次エネルギー消費量を算定し、五段階に分けます。それぞれの段階は星マークで示され、ひとつ星から五つ星という星の数で表されます。ひとつ星がもっとも低く、五つ星がもっとも高い評価となります。

BELSで評価される性能は、一次エネルギー消費性能と、外皮断熱性能のふたつです。

一次エネルギーとは、火力や水力、太陽光など自然から得られるエネルギーのことで、一次エネルギー消費量とは、給湯設備、暖房設備、冷房設備、換気設備、照明設備が消費するエネルギーを合算し、得た一次エネルギーと消費量との割合を算出した者が一次エネルギー消費性能となります。

外皮断熱性能とは、住宅の室内と外気が熱的に分けられる部分のことで、具体的には、断熱材が入っている壁や床、天井、窓などからどれだけの熱が逃げていくのかを計算し、その性能を査定するものです。

novo cozy(登昭建設)では、このBELSの認定も受け、高い評価を得ています。novo cozy(登昭建設)の建てる住宅は、建てたときだけではなく、住み始めてからもランニングコストが低い住宅であるということの証明です。

 

快適で安全な、家族がゆったりとリラックスして楽しめる家を、なるべくローコストで建てたいとお考えのかたは、ぜひ一度、novo cozy(登昭建設)にご相談ください。みなさまひとりひとりのご希望に沿った、住むひとの心身の健康を一番に考える家作りをnovo cozy(登昭建設)がご提案させていただきます。

資料請求&お問い合わせはこちらから

050-5327-8737 メールでのお問い合わせ