月々5万円台で夢の新築住宅を01|新築の注文住宅を自由な間取りで建ててみませんか?岐阜市で家づくりならnovocozy(登昭建設)!

novo cozy

Presented By 株式会社登昭建設

050-5327-8737 資料請求・お問い合わせ インスタグラムアイコン

blog

月々5万円台で夢の新築住宅を01

2019年9月24日

月々5万円台で夢の新築住宅を 01

 

岐阜県岐阜市を中心としたエリアにおいて、厳選した自然素材を使い、一年中快適で、体にも心にも優しい、1,000万円台でありながら間取りやデザインが自由に選べる注文住宅を提案させていただいておりますnovo cozy(登昭建設)です。

novoはラテン語で「新しい」の意、cozyは英語で「居心地のよい、くつろいだ、親しみやすい」という意味です。つまりnovo cozyとは、「居心地がよくくつろげる新しいスタイル」という意味であり、そのコンセプトで住宅を建てるという登昭建設のテーマと信条でもあります。

読者のみなさま、こんにちは。広報担当のAです。

このブログでは、毎回テーマ別に、新築住宅や注文住宅について、novo cozy(登昭建設)がみなさまにさまざまな提案をさせていただきます。

novo cozy(登昭建設)は、月々のお支払いが5万円台で建てることができる注文住宅をご提案しています。

月々5万円台で注文住宅が手に入るとなるとまさに夢のような話でしょうが、それが実現できる秘密は、徹底的に無駄を省き、スタイルを厳選したことにあります。

スタイルを厳選するとはどういうことかと言えば、まず、外壁の種類です。

novo cozy(登昭建設)では、さまざまな外壁材の中からふたつの種類を選びました。ひとつはガルバリウム鋼板です。ガルバリウム鋼板とは、アルミニウム55%、亜鉛43.4%、シリコン1.6%で構成されるアルミ亜鉛合金メッキ鋼板です。アルミニウムの特性である耐熱性や耐食性、熱反射性や加工のしやすさと、亜鉛の特性である犠牲防食性を併せ持ち、従来の鋼板よりはるかに耐久性に優れた鋼板です。

もうひとつは漆喰です。novo cozy(登昭建設)では特に、接着剤や防腐剤などの有機溶剤が混ざっていない、西洋天然漆喰を使用しています。西洋天然漆喰は、輝くような白さと、時間が経つほどに強度を増すことが特徴の、優れた塗り壁材です。

お客さまにはこのガルバリウム鋼板か漆喰のどちらかから外壁素材を選んでいただくことになります。

たったふたつと思われるかもしれませんが、ガルバリウム鋼板はブラックやモスグリーン、ダークブルーなどさまざまな色から選んでいただくことができますし、漆喰の持つ高級感は他の外壁材には真似のできない特徴です。

 

快適で安全な、家族が毎日ゆったりとリラックスして「楽に」「楽しく」できる家を、なるべくローコストで建てたいとお考えのかたは、ぜひ一度、novo cozy(登昭建設)にご相談ください。みなさまひとりひとりのご希望に沿った、住むひとの心身の健康を一番に考える家作りをnovo cozy(登昭建設)がご提案させていただきます。

資料請求&お問い合わせはこちらから

050-5327-8737 メールでのお問い合わせ