1000万円台で新築住宅の家づくりなら登昭建設05|新築の注文住宅を自由な間取りで建ててみませんか?岐阜市で家づくりならnovocozy(登昭建設)!

novo cozy

Presented By 株式会社登昭建設

050-5327-8737 資料請求・お問い合わせ インスタグラムアイコン

blog

1000万円台で新築住宅の家づくりなら登昭建設05

2019年12月2日

1000万円台で新築住宅の家づくりなら登昭建設 05

 

岐阜県岐阜市を中心としたエリアにおいて、厳選した自然素材を使い、一年中快適で、体にも心にも優しい、1,000万円台でありながら間取りやデザインが自由に選べる注文住宅を提案させていただいておりますnovo cozy(登昭建設)です。

novoはラテン語で「新しい」の意、cozyは英語で「居心地のよい、くつろいだ、親しみやすい」という意味です。つまりnovo cozyとは、「居心地がよくくつろげる新しいスタイル」という意味であり、そのコンセプトで住宅を建てるという登昭建設のテーマと信条でもあります。

読者のみなさま、こんにちは。広報担当のAです。

このブログでは、毎回テーマ別に、新築住宅や注文住宅について、novo cozy(登昭建設)がみなさまにさまざまな提案をさせていただきます。

これまで4回に亘って、novo cozy(登昭建設)が1000万円台で注文住宅を建てることができる理由について、おもにコストダウンの面からご説明させていただきました。

novo cozy(登昭建設)がコストダウンに向けて努力していることはまだまだたくさんありますが、何故そこまで徹底するのかと言えば、それはひとえに、お客さまのことを第一に考えているからに他なりません。家を建てるということは、人生においてそう何度も経験することのない、まさに一大イベントです。幸せな人生のひとつとして大きな意味を持つことが、のちのち生活の負担になってしまってはなりません。だからこそnovo cozy(登昭建設)では、お客さまのご負担を限りなく減らす努力をしているのです。

しかし、いくら費用を減らす努力をすると言っても、それで住宅の性能や品質を落としてしまっては本末転倒です。住宅の品質はしっかりと高く保ち、そこで暮らすお客さまやそのご家族が、長く健康で、楽しく、ゆったりと快適に過ごせる住宅。それがnovo cozy(登昭建設)の考えるもっとも大事な条件です。その条件をクリアした上で、さらに徹底したコストダウンを図ることに意味があるとnovo cozy(登昭建設)は考えています。

 

快適で安全な、家族が毎日ゆったりとリラックスして「楽に」「楽しく」できる家を、なるべくローコストで建てたいとお考えのかたは、ぜひ一度、novo cozy(登昭建設)にご相談ください。みなさまひとりひとりのご希望に沿った、住むひとの心身の健康を一番に考え、長い年月を快適に暮らすことのできる家作りをnovo cozy(登昭建設)がご提案させていただきます。

資料請求&お問い合わせはこちらから

050-5327-8737 メールでのお問い合わせ