新築住宅の家づくりなら登昭建設のタイプGシリーズ04|新築の注文住宅を自由な間取りで建ててみませんか?岐阜市で家づくりならnovocozy(登昭建設)!

novo cozy

Presented By 株式会社登昭建設

050-5327-8737 資料請求・お問い合わせ インスタグラムアイコン

blog

新築住宅の家づくりなら登昭建設のタイプGシリーズ04

2020年1月6日

新築住宅の家づくりなら登昭建設のタイプGシリーズ 04

 

岐阜県岐阜市を中心とした東海エリアにおいて、厳選した自然素材を使い、一年中快適で、体にも心にも優しい、1,000万円台でありながら間取りやデザインが自由に選べる注文住宅を提案させていただいておりますnovo cozy(登昭建設)です。

novoはラテン語で「新しい」の意、cozyは英語で「居心地のよい、くつろいだ、親しみやすい」という意味です。つまりnovo cozyとは、「居心地がよくくつろげる新しいスタイル」という意味であり、そのコンセプトで住宅を建てるという登昭建設のテーマと信条でもあります。

読者のみなさま、こんにちは。広報担当のAです。

novo cozy(登昭建設)がご提案させていただいております、一千万円台での注文住宅の中で、今回はタイプGシリーズをご紹介しております。

これまでタイプGシリーズの外壁に使用するガルバリウム鋼板のメリットを挙げてきましたが、もちろんデメリットもあります。

そのひとつは、遮音性の低さです。ガルバリウム鋼板は1mmから3mmと薄くても頑丈というのが特徴ですが、その薄さゆえ、遮音性に関してはどうしても低くなってしまうのが現状です。金属板のため特に雨音や車の振動などが伝わりやすいと言われています。対策としては、防音材や吸収剤を内壁に敷きつめるということになります。

もうひとつは、結露が発生しやすいということです。ガルバリウム鋼板は断熱性の高い素材ですが、その性能が高すぎるため、水分を逃がしたり吸収したりする機能がなく、結果、結露が溜まりやすくなってしまいます。そのため、こまめな換気を意識的に行う必要があります。

一度傷がつくとそこから腐食が始まり、錆びやすくなってしまうのもガルバリウム鋼板の欠点です。錆が広がると全面張り替えをしなければならなくなる場合も多く、そうなると費用もかさみます。

傷に弱いという欠点は、施工の難しさにも繋がります。表面に少しでも傷がつくとそこから錆びが発生してしまいますので、取り扱いにはかなりの慎重さが必要となってきます。

 

快適で安全な、家族が毎日ゆったりとリラックスして「楽に」「楽しく」できる家を、なるべくローコストで建てたいとお考えのかたは、ぜひ一度、novo cozy(登昭建設)にご相談ください。みなさまひとりひとりのご希望に沿った、住むひとの心身の健康を一番に考える家作りをnovo cozy(登昭建設)がご提案させていただきます。

資料請求&お問い合わせはこちらから

050-5327-8737 メールでのお問い合わせ