自然素材を使った家づくり 01|新築の注文住宅を自由な間取りで建ててみませんか?岐阜市で家づくりならNOVO_COZY(登昭建設)!

NOVO_COZY

Presented By 株式会社登昭建設

050-5327-8737 資料請求・お問い合わせ インスタグラムアイコン

blog

自然素材を使った家づくり 01

2020年3月30日

自然素材を使った家づくり 01

 

岐阜県岐阜市を中心としたエリアにおいて、厳選した自然素材を使い、一年中快適で、体にも心にも優しい、1,000万円台でありながら間取りやデザインが自由に選べる注文住宅を提案させていただいておりますnovo cozy(登昭建設)です。

novoはラテン語で「新しい」の意、cozyは英語で「居心地のよい、くつろいだ、親しみやすい」という意味です。つまりnovo cozyとは、「居心地がよくくつろげる新しいスタイル」という意味であり、そのコンセプトで住宅を建てるという登昭建設のテーマと信条でもあります。

読者のみなさま、こんにちは。広報担当のAです。

novo cozy(登昭建設)では、1,000万円台で建てることができる注文住宅をご提供しております。

1,000万円台という安い金額だからといって、住宅性能のレベルを下げるような質の悪い建材や設備機器を使ったり、材料をケチって必要なものを使わなかったり、手抜き工事をしたりしているわけでは決してありません。むしろその逆です。novo cozy(登昭建設)は、そこで暮らすひとの健康と安全、快適な住み心地を一番に考え、徹底的にこだわっています。

たとえば、床材です。novo cozy(登昭建設)では、一階の床材には自然な木目が特徴的な無垢材を、そして二階にはタイルカーペットをおすすめしています。

無垢材とは、べきややコンパネのように加工したものではなく、伐採した木をそのまま製材したものです。無垢材は環境にやさしく、天然素材だからこその独特の温かみがあります。その無垢材に、うづくり加工と呼ばれる、固い木目の部分だけを残して柔らかいところを薄く削り取ることで木目の凸凹をより強調できる加工を施し、より風合いを豊かに仕上げて床材に用います。

二階のタイルカーペットは、防音と防汚を兼ねた仕様です。二階の足音というのは予想以上に一階に響きますが、柔らかいタイルカーペットならその心配はありません。また、ジュースやお菓子をこぼしたり、床に落書きをしたというような場合でも、タイルカーペットなら簡単に取り換えることができます。

 

快適で安全な、家族が毎日ゆったりとリラックスして「楽に」「楽しく」できる家を、なるべくローコストで建てたいとお考えのかたは、ぜひ一度、novo cozy(登昭建設)にご相談ください。みなさまひとりひとりのご希望に沿った、住むひとの心身の健康を一番に考える家作りをnovo cozy(登昭建設)がご提案させていただきます。

資料請求&お問い合わせはこちらから

050-5327-8737 メールでのお問い合わせ