自然素材を使った家の良さ 03|新築の注文住宅を自由な間取りで建ててみませんか?岐阜市で家づくりならNOVO_COZY(登昭建設)!

NOVO_COZY

Presented By 株式会社登昭建設

050-5327-8737 資料請求・お問い合わせ インスタグラムアイコン

blog

自然素材を使った家の良さ 03

2020年5月25日

自然素材を使った家の良さ 03

 

岐阜県岐阜市を中心としたエリアにおいて、注文住宅の建設を請け負っております、登昭建設です。

登昭建設では「novo cozy 」というブランドを立ち上げています。novo cozy では、新築の注文住宅としては破格の1000万円台という金額でありながら、厳選した自然素材を使い、一年中快適で、体にも心にも優しい、1間取りやデザインが自由に選べる注文住宅を提案させていただいております。

novoはラテン語で「新しい」の意、cozyは英語で「居心地のよい、くつろいだ、親しみやすい」という意味です。つまりnovo cozyとは、「居心地がよくくつろげる新しいスタイル」という意味であり、そのコンセプトで住宅を建てるという登昭建設のテーマと信条でもあります。

 

読者のみなさま、こんにちは。広報担当のAです。

novo cozy(登昭建設)は化学物質の含まれていない、天然素材を建材として使用することにこだわっています。

novo cozy(登昭建設)のこだわりは床材にもあります。

床材は、ついついフローリングやタイル材といった見た目の綺麗さだけで選びがちになってしまうところですが、しかし床材も使用する場所によってそれぞれに相性や向き不向きがあります。

novo cozy(登昭建設)では、家族が集うリビングには無垢材のフローリング、子ども部屋や二階の床には、汚れても掃除がしやすく、足音も吸収してくれるタイルカーペット、風呂場やキッチンなどの水回りには、水を弾き傷にも強いクッションフロア、そして土間には耐久性が高く色合いも美しい美濃焼きのタイルをおすすめしています。

特にリビングに使用する無垢材は、断熱性と保温性が高く、年間を通して快適に過ごすことができる素材を厳選しています。また無垢材にはダニやカビの発生を抑制し、空気を綺麗に保ち、肌触りがよく、調湿効果もあるため、リラックス効果があります。

反面、水に弱く、反りや収縮が発生しやすいというデメリットもあり、手入れを念入りにする必要があります。

 

快適で安全な、家族が毎日ゆったりとリラックスして「楽に」「楽しく」できる家を、なるべくローコストで建てたいとお考えのかたは、ぜひ一度、novo cozy(登昭建設)にご相談ください。みなさまひとりひとりのご希望に沿った、住むひとの心身の健康を一番に考えた、ほっとひと息つける家作りをnovo cozy(登昭建設)がご提案させていただきます。

資料請求&お問い合わせはこちらから

050-5327-8737 メールでのお問い合わせ