住宅性能にこだわる家づくり 02|新築の注文住宅を自由な間取りで建ててみませんか?岐阜市で家づくりならNOVO_COZY(登昭建設)!

NOVO_COZY

Presented By 株式会社登昭建設

050-5327-8737 資料請求・お問い合わせ インスタグラムアイコン

blog

住宅性能にこだわる家づくり 02

2020年10月5日

住宅性能にこだわる家づくり 02

 

岐阜県岐阜市を中心としたエリアにおいて、厳選した自然素材を使い、一年中快適で、体にも心にも優しい、1,000万円台というローコストでありながら、間取りやデザインが自由に選べる注文住宅を提案させていただいておりますnovo cozy(登昭建設)です。

novoはラテン語で「新しい」の意、cozyは英語で「居心地のよい、くつろいだ、親しみやすい」という意味です。つまりnovo cozyとは、「居心地がよくくつろげる新しいスタイル」という意味であり、そのコンセプトでの家づくり、その家に住まれるご家族が安心に、快適に暮らすことのできる住宅を建てるという登昭建設のテーマと信条でもあります。

読者のみなさま、こんにちは。広報担当のAです。

novo cozy(登昭建設)では、1,000万円台で建てる新築注文住宅をご提供しております。

novo cozy(登昭建設)がどのようにして1,000万円台というローコストでありながら、高い住宅性能を持ち、しかも間取りやデザインまで自由に変えられる注文住宅を建てることができるのか、その理由をひとつひとつ挙げていきます。

まずひとつ、novo cozy(登昭建設)では、住宅のタイプを、耐久性が高くカラーバリエーションも豊富なガルバリウム鋼板を使った外装の「Type G」と、日の光に輝くように映える白色が印象的な、伝統的で経年による強化という特徴を持つ漆喰による外装の「Type S」の2種類をご用意し、さらに建物のサイズを、28坪、32坪、35坪の3種類に決めさせていただいております。

外装の種類と建物のサイズを限定することで、使用する建材のサイズや量もある程度決めることができ、無駄な廃棄や発注を抑えることができるためコストダウンにつなげることができるのです。

novo cozy(登昭建設)ではこれらを「Type G28」、「Type G32」、「Type G35」と、「Type S28」、「Type S32」、「Type S35」と名付けてみなさまにご提案させていただいております。

 

岐阜県内において、快適で安全な、家族が毎日ゆったりとリラックスして「楽に」「楽しく」暮らすことのできる「愛とぬくもりのある家」を、なるべくローコストで建てたいとお考えのかたは、ぜひ一度、novo cozy(登昭建設)にご相談ください。みなさまひとりひとりのご希望に沿った、住むひとの心身の健康を一番に考える家づくりをnovo cozy(登昭建設)がご提案させていただきます。

資料請求&お問い合わせはこちらから

050-5327-8737 メールでのお問い合わせ