岐阜市の工務店:登昭建設 02|新築の注文住宅を自由な間取りで建ててみませんか?岐阜市で家づくりならNOVO_COZY(登昭建設)!

NOVO_COZY

Presented By 株式会社登昭建設

050-5327-8737 資料請求・お問い合わせ インスタグラムアイコン

blog

岐阜市の工務店:登昭建設 02

2020年11月9日

岐阜市の工務店:登昭建設 02

 

岐阜県岐阜市を中心とした東海エリアにおられるかたで、新築の注文住宅を購入したいけれどどこに依頼すればいいか分からない、とか、注文住宅は高くて手が出せない、とお悩みのかた、登昭建設がプロデュースするnovo cozyでは、厳選した自然素材を使い、一年中快適で、体にも心にも優しい家、1,000万円台というローコストでありながら、間取りやデザインが自由に選べる注文住宅を提案させていただいております。

novoはラテン語で「新しい」の意、cozyは英語で「居心地のよい、くつろいだ、親しみやすい」という意味です。つまりnovo cozyとは、「居心地がよくくつろげる新しいスタイル」という意味であり、そのコンセプトでの家づくり、その家に住まれるご家族が安心に、快適に暮らすことのできる住宅を建てるという登昭建設のテーマと信条でもあります。

読者のみなさま、こんにちは。広報担当のAです。

建設業許可業者数が長期的には減少傾向にあるという現状の中で、特に中小の工務店は生き残りをかけてさまざまな新しい提案を打ち出し始めています。登昭建設の立ち上げたブランドnovo cozyもそうした流れの中で生まれたもののひとつです。登昭建設のnovo cozyがご提案するのは、1,000万円台でで購入することができる新築の注文住宅です。

これまで、注文住宅を新築で購入するためには3,000万円以上の費用が必要とされてきました。それがおよそ3分の1の金額になるというのは、まさに画期的な商品です。

この、1,000万円台で新築の注文住宅を購入できるという商品は、全国の工務店がさまざまな手法駆使して取組み、売り出している商品でもあります。

これに取り組む業者の中には、残念ながら劣悪な建材や設備機器を投入したり、明らかな手抜き工事をしたりすることによってコストを下げるという悪質な業者もありますが、それらはほんの一部です。ほとんどの業者は健全な方法で徹底したコストダウンに取り組み、1,000万円台での新築の注文住宅という夢のある商品を実現させています。

 

岐阜県内において、快適で安全な、家族が毎日ゆったりとリラックスして「楽に」「楽しく」暮らすことのできる「愛とぬくもりのある家」を、なるべくローコストで建てたいとお考えのかたは、ぜひ一度、novo cozy(登昭建設)にご相談ください。みなさまひとりひとりのご希望に沿った、住むひとの心身の健康を一番に考える家づくりをnovo cozy(登昭建設)がご提案させていただきます。

資料請求&お問い合わせはこちらから

050-5327-8737 メールでのお問い合わせ