家賃並みの支払で新築注文住宅を! 04|新築の注文住宅を自由な間取りで建ててみませんか?岐阜市で家づくりならNOVO_COZY(登昭建設)!

NOVO_COZY

Presented By 株式会社登昭建設

050-5327-8737 資料請求・お問い合わせ インスタグラムアイコン

blog

家賃並みの支払で新築注文住宅を! 04

2020年9月14日

家賃並みの支払で新築注文住宅を! 04

 

岐阜県岐阜市を中心としたエリアにおいて、厳選した自然素材を使い、一年中快適で、体にも心にも優しい、1,000万円台というローコストでありながら、間取りやデザインが自由に選べる注文住宅を提案させていただいておりますnovo cozy(登昭建設)です。

novoはラテン語で「新しい」の意、cozyは英語で「居心地のよい、くつろいだ、親しみやすい」という意味です。つまりnovo cozyとは、「居心地がよくくつろげる新しいスタイル」という意味であり、そのコンセプトでの家づくり、その家に住まれるご家族が安心に、快適に暮らすことのできる住宅を建てるという登昭建設のテーマと信条でもあります。

読者のみなさま、こんにちは。広報担当のAです。

前回は、novo cozy(登昭建設)がご提案する注文住宅の2つのタイプのうち、「Type G」であるガルバリウム外装の住宅の3っつの種類とその参考価格を書かせていただきました。

今回はもうひとつの外装の種類である「Type S」をご紹介させていただきます。

「Type S」とは、漆喰による外装のタイプのことです。

漆喰は古くから建物の建築に使われる歴史のある外装材のひとつであり、湿度を調整し、屋内の環境を快適に整えることのできる優れた建材です。また、時間が経つほどに強度を増し、その性能を高めていくのも特徴です。そしてなんといってもその輝くような白さが、建物にすがすがしい爽やかさを与えます。

この漆喰を用いた外装パターンである「Type S」には、「Type G」と同様に、サイズによる3つの種類があります。28坪の「Type S28」と、32坪の「Type S32」、そして35坪の「Type S35」の3つです。「Type S28」に関する月々のお支払額は49,300円から、「Type S32」の月々のお支払額は54,200円から、「Type S35」の月々のお支払額は58,500円からとなっております。

お客様には、この「Type G」「Type S」の外装の違いによる2パターンと、3つのサイズから、最適なものをお選びいただくことになります。

 

岐阜県内において、快適で安全な、家族が毎日ゆったりとリラックスして「楽に」「楽しく」暮らすことのできる「愛とぬくもりのある家」を、なるべくローコストで建てたいとお考えのかたは、ぜひ一度、novo cozy(登昭建設)にご相談ください。みなさまひとりひとりのご希望に沿った、住むひとの心身の健康を一番に考える家つくりをnovo cozy(登昭建設)がご提案させていただきます。

資料請求&お問い合わせはこちらから

050-5327-8737 メールでのお問い合わせ